ホーム > 製品一覧 > よくある質問

よくある質問

お問い合わせの多い質問事項を下記に記載しています。
不明点はお気軽にお問い合わせください。

エバーグリーンビジョン(EverGreenVision)でよくある質問

Q:エネルギー監視システムというと、どんなエネルギーを監視するのでしょうか?又、主な機能はどんな内容ですか?
A:当社のエネルギー監視システムは工場や大規模建屋などエネルギーを大量消費する拠点向けとなります。監視対象となるエネルギーは電気、水道、ガスなど改正省エネ法で消費量の報告が義務付けられているものになります。一般的に中央監視システムやBEMSと呼ばれているものとほぼ同じものですが、監視だけでなくスケジュールによる照明の点灯、消灯や空調の能力制御も行う事ができます。当社では製品名としてEverGreenVision(エバーグリーンビジョン)と命名しております。

Q:エネルギー以外に風量などの測定も行いたいと考えていますが対応出来ますか?
A:当社のエネルギー監視システムのコア機能はアナログ、デジタルIOをハンドリング出来ますので、これらデータに対応した測定装置であれば接続する事が出来ます。又、運用上の画面の見せ方などもお客様ご要望に応じて作成する事ができます。

Q:エネルギー監視システムの機能詳細を知りたいですが、どうすれば良いですか?
A:システムデモなども関東圏であれば、こちらから担当が出向いて行いますので、お気軽にお問い合わせください。又、関東圏外の方もご相談ください。

Q:現在、エネルギー監視システムを導入していますが、建屋増築を予定しています。現在のシステムは拡張出来ない仕様となっていますが、貴社のエネルギー監視システムを導入し、既導入済のシステムと連携してすべての監視ポイントを見る様に出来ますか?
A:既導入されたシステムや導入企業先との契約状況にもよりますが、それらがクリアであれば、可能性があり、弊社の導入実績として多数ございます。又、既導入システムの測定装置を利用し、それらを使い回してシステム構築する様なリプレース例も多数実績がございますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:環境監視システムの初期費用はHW(サーバ、測定部材)、ライセンス、工事費用などになります。ランニング費用は年間保守費用が発生します。詳細はお気軽にお問合せください。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:監視対象ポイント数により期間が決定します。又、お客様の現場確認、運用確認なども事前に必要となります。

Q:運用開始後に操作、機能の確認など行えますか?
A:保守サービスにご加入頂く事で行えます。

ブルービジョン(BlueVision)でよくある質問

Q:デマンド監視システムは様々な企業から販売されていますが、BlueVision(デマンド監視・使用電力モニターサービス)の特徴は何ですか?
A:一般的なデマンド監視装置は契約電力に対する使用電力を測定し、契約基本料を超えない様にするためのもので、建屋の引き込みポイント1点を測定するものが殆どです。当社のデマンド監視・使用電力モニターサービスはこの様なデマンド装置と同等の機能は当然実装しておりますが、引き込みポイント以外に各フロアの分電盤の各回路の測定なども拡張して測定出来ますので、どの設備でどのくらいの電力が使われているかを把握する事ができます。又、測定データの記録は過去数年に渡って行いますので、前日、前週、前月、前年比など電力使用状況を細かく分析し、効率の良い使用状況へ改善するための情報を提供します。

Q:エネルギー以外に温度などの測定も行いたいと考えていますが対応出来ますか?
A:当社のデマンド監視・使用電力モニターサービスはコア機能としてアナログ、デジタルIOをハンドリング出来ますので、これらデータに対応した測定装置であれば接続する事が出来ます。

Q:デマンド監視・使用電力モニターサービスの機能詳細を知りたいですが、どうすれば良いですか?
A:お問い合わせいただければ当社内の測定状況(デモ)のURLやアカウント(ID、パスワード)をご連絡致しますので、お気軽にお問合せください。

Q:現在、デマコン装置を導入していますが、これを使ってデマンド監視・使用電力モニターサービスと連携できますか?
A:測定装置のスペックさえ合えば接続する事が出来ます。まずはお気軽にお問い合わせください。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:デマンド監視・使用電力モニターサービスの初期費用はHW(測定部材)、工事費用などが一括で必要となります。デマンド監視・使用電力モニターサービスはクラウド上のサービスとなりますので、サーバなどの一括投資は発生せず、月々の利用料が発生致します。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:監視対象ポイント数により期間が決定します。又、お客様の現場確認、運用確認なども事前に必要となります。

Q:運用開始後に操作、機能の確認など行えますか?
A:月々の利用料に保守費用が含まれていますので、行えます。

グリーンビジョン(GreenVision)でよくある質問

Q:環境監視システムというと、どんな環境を監視するのでしょうか?又、主な機能はどんな内容ですか?
A:当社の環境監視システムはデータセンター向けとなります。データセンターの安定運用にはサーバラックへの安定した電源の供給や、サーバラック周りの温湿度管理が必須となりますが、それらを監視するシステムです。

Q:電源管理として電流の監視が一般的かと思いますが、従量制を見据えた、電力監視なども行えますか?
A:当社の環境監視システムは電流だけでなく、電力測定も対応出来ます。システムのコア機能としてアナログ、デジタルIOをハンドリング出来ますので、これらデータに対応した測定装置であれば接続する事が出来ます。

Q:環境監視システムの機能詳細を知りたいですが、どうすれば良いですか?
A:システムデモなども関東圏であれば、こちらから担当が出向いて行いますので、お気軽にお問い合わせください。又、関東圏外の方もご相談ください。

Q:環境監視システムの対象となる拠点が日本国内に数か所あるのですが、纏めて参照する事は可能ですか?
A:監視点数にもよりますが、可能です。

Q:温度について監視だけでなく、空調制御も自動で行いたいと考えていますが、環境監視システムで対応できますか?
A:環境監視システムはアナログ、デジタルIOをハンドリング出来ますので、監視だけでなく、これらに対応した設備であれば制御も行う事が出来ます。

Q:監視設備について異常が発生した場合、どうやって知らせるのですか?
A:環境監視システムのお知らせ手段としては画面ポップアップ、ブザー、メールなどありますが、ご要望に応じてパトライトの点灯なども可能です。

Q:既に導入済の環境監視システムを持っていますが、測定装置などは使い回し、コストを抑えた形で導入出来ますか?
A:この様な例は導入実績として多数ございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:環境監視システムの初期費用はHW(サーバ、測定部材)、ライセンス、工事費用などになります。ランニング費用は年間保守費用が発生します。詳細はお気軽にお問合せください。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:監視対象ポイント数により期間が決定します。又、お客様の現場確認、運用確認なども事前に必要となります。

Q:運用開始後に操作、機能の確認など行えますか?
A:保守サービスにご加入頂く事で行えます。

ロックビジョン(LockVision)でよくある質問

Q:ロックビジョンのコンセプト、機能概要を教えてください。
A:ロックビジョンはデータセンター向けとなります。データセンターのサーバラックの扉状態や取り付けた電気錠の状態監視、制御などを行います。

Q:電気錠は様々なタイプのものが市販されていますが、希望すれば、どんなタイプのものでも取り付ける事が出来ますか?
A:電気錠の施錠・開錠システムのコア機能としてアナログ、デジタルIOをハンドリング出来ますので、これらデータに対応した電気錠であれば接続する事が出来ます。

Q:電気錠の施錠・開錠システムの機能詳細を知りたいですが、どうすれば良いですか?
A:システムデモなども関東圏であれば、こちらから担当が出向いて行いますので、お気軽にお問い合わせください。又、関東圏外の方もご相談ください。

Q:電気錠の施錠・開錠システムの対象となる拠点が日本国内に数か所あるのですが、纏めて参照する事は可能ですか?
A:電気錠の施錠・開錠システムの監視点数にもよりますが、可能です。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:電気錠の施錠・開錠システムの初期費用はHW(サーバ、部材)、ライセンス、工事費用などになります。ランニング費用は年間保守費用が発生します。詳細はお気軽にお問合せください。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:監視・制御の対象ポイント数により期間が決定します。又、お客様の現場確認、運用確認なども事前に必要となります。

Q:運用開始後に操作、機能の確認など行えますか?
A:保守サービスにご加入頂く事で行えます。

ビジターズビジョン(VisitorsVision)でよくある質問

Q:入退館管理システムというとドアの開閉などを自動で行うものをイメージしますが、このシステムの設計思想や、主な機能はどんな内容ですか?
A:この入退館管理システムはデータセンターなどの大規模建屋へ入館する際の事前手続きをシステム化したものです。一般的にメールや電話などで入館前に入館する旨を連絡し、建屋に赴きますが、記録が残らなかったり、入退館の履歴が後追い出来ないなどのリスクが発生します。こういったリスクを極小化するための支援システムになります。

Q:入退館の手続きは、社内的に確認、承認に担当者が割り振られたワークフローになっていますが、このシステムでは対応できますか?
A:この入退館管理システムの機能として確認、承認の行為やその担当者など任意に設定出来る様になっています。又、特殊な承認階層を持つお客様へはシステム機能のカスタマイズ対応も可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q:入退館管理システムの機能詳細を知りたいですが、どうすれば良いですか?
A:カタログなどに代表的な機能の記載はございますが、システムのデモなども行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:初期費用は管理拠点に関わらないライセンス形態となっております。ランニング費用としては年間保守費用が発生致しますが、サービスメニューを準備しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:導入まで最短ですと2週間程度になります。

Q:導入までに準備する事はありますか?
A:導入までに行うのはサーバ、クライアント機器のセットアップやお使いになる方へのレクチャなどになります。サーバ機器セットアップには確認/承認者や入室データの登録などを行います。

ラックコンサルビジョン(RackConsulVision)でよくある質問

Q:設備管理を行う拠点が日本国内に数か所、海外に数か所など複数あるのですが、管理可能でしょうか?
A:管理可能です。当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)は登録する拠点数について上限はありません。

Q:設備管理を行う拠点の建屋のフロアや部屋が複数あるのですが、管理可能でしょうか?
A:当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)は登録するフロア(階)や部屋の数の登録について上限はありません。

Q:設備管理を行う対象の設備の管理数上限はどうなってるのでしょうか?
A:当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)は登録設備の数のライセンス数をご購入頂く事が、設備管理システムの使用の前提となります。ライセンス価格については弊社ホームページに記載されたお問合せ先へ、ご連絡ください。

Q:年一回、設備の棚卸を行っていますが、とても面倒です。特にサーバ機器に追加したメモリやHDDなど、管理ツールを開かなければならず、かなりの工数を費やしています。設備管理システムでは何らかのサポート機能など実装していますか?
A:当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)は予め決めた管理コード(設備コードなど)の2次元バーコードを印刷し、設備に添付しておく事で、棚卸時にバーコードを読み込むだけで、台帳と照らし合わせる事が出来ます。又、追加メモリなどはサーバなどの設備に複数添付しておくことで管理できます。この機能は設備棚卸システムとしてラックコンサルビジョンとは別システムとしてご購入頂く事も可能です。

Q:サーバラック内機器以外に管理できる設備は何ですか?
A:当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)はサーバラック内の機器(設備)以外に分電盤の回路情報、設備間のネットワーク接続情報なども管理する事が出来ます。

Q:サーバラック上に棚を置き、その上に小物の設備を置いて管理しているのですが、それらも設備として管理できますか?
A:当社の設備管理システム(ラックコンサルビジョン)はサーバラック内のUnit上に配置した棚や、棚の上に置いた機器(設備)を管理する機能を実装していますので、全てのラック内機器管理を行う事が出来ます。

Q:初期費用、ランニング費用はどうなっていますか?
A:初期費用は管理する設備数によってライセンス価格が決まります。ランニング費用は年間保守費用が発生致しますが、サービスメニューを準備しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q:注文から導入(運用開始)までのリードタイムはどのくらいかかりますか?
A:導入まで最短ですと2週間程度になります。

Q:導入までに準備する事はありますか?
A:導入までに行うのはサーバ、クライアント機器のセットアップやお使いになる方へのレクチャなどになります。サーバ機器セットアップには管理データの登録なども含まれますので、管理データをExcelなどで予めご準備頂く事が必要となります。

Q:運用開始後に操作、機能の確認など行えますか?
A:保守サービスにご加入頂く事で行えます。